業務案内

煩雑な労働・社会保険手続きを、社労士にアウトソーシング!

労働保険・社会保険手続きは慣れない方が行うと非常に分かりにくく必要な届け出を忘れたり、書類の記入間違いや漏れ、添付書類の不備等を起こしやすいです。この事により後日問題が発生し、より多くの労力を割かなければならない事もあります。この様な状態では、本来の業務に使うべき時間がどんどん減っていきます。

 

会社の舵取りは、事業主であるお客様(あなた自身)にしか出来ません!

一方、労働保険・社会保険手続きは自分以外の人間に任せることが出来ます。


しかも、専門家(プロ)に任せれば“確実で、安心”です。ぜひアウトソーシングを活用し、本来の業務に専念してください!

労働保険・社会保険の専門家である当事務所が適正な手続きを行い、お客様の会社経営を全力でサポートします。

また、顧問契約を締結して頂く事により社会保険労務士はよりお客様の会社について理解することが出来、手続きに必要な情報も日頃から管理しているので、いざ何かあった時にお客様の手間が少なく済みます。顧問契約に含まれる業務の詳細は、次頁をご覧ください。


①書類の作成および提出

以下の様な時、会社が行政機関に対して行わなければならない労働・社会保険手続きが発生します。社会保険労務士は会社に代わって、この手続きを行います。

 

 ・会社の設立

 ・会社の解散・事業終了

 ・従業員の雇入れ

 ・従業員の退職

 ・業務災害・通勤災害の発生

  

この他、毎年定期に行わなければならない手続きもあります。上記の様な時、“何をしたらよいか分からない”、“面倒だ” と思ったら、ぜひご相談ください。



②給与計算

給与計算は既に毎月の業務として、事業主自らまたは従業員が行っているかもしれませんがアウトソーシングする事で以下の様なメリットがあります。

 

 ・事業主が本業に集中出来る

 ・労働力の適切な振分けによりコスト削減出来る

 ・従業員に給与の金額を知られなくすむ

 ・担当者が退職・休職した場合の様に、引継ぎが必要ない

 

また顧問契約と給与計算を同時に依頼して頂くと、労働・社会保険手続き時のお客様の手間をさらに減らすことにも繋がります。



③助成金申請

現在、雇用関係助成金は約60種類もあります。しかし事業主の方が実際に申請するには、まず自分の会社に合いそうな助成金の目星を付け、数十ページにおよぶ難解な手引書から条件や手続き方法を読み解き、その条件に合うように就業規則の変更をして・・・っと非常に手間暇がかかります。

社会保険労務士は、難しい条件や手続き方法をシンプルに説明することが出来ます。そして申請条件を満たすためのアドバイスを行い、お客様に代わって手続きをします。